「あ”~今日のごはんどうしよう」というレシピの悩み

最近は共働き世帯で核家族という形態が増えておりますね。私もその世帯の一部です。私の家庭構図は、夫婦と子供2人で一軒家住まいとなっております。

夫の親も妻の親も同じ市内にいるのでそこまで究極な核家族というわけではありませんが、親世代もまだ仕事をしている世代です。

そのような家族は基本的には土日に食材を1週間まとめて買い込み、食事を作る家庭と帰りに2・3日分ずつ買出しにいく家庭と二手に分かれると思います。

私の家庭は1週間分をまとめて買出しするタイプです。よく1週間まとめ買いの方が節約になると言われていますが、我が家はただ仕事終わりのヘトヘトの状態で子供をつれて買い物をする気になれないだけであります。

それならば土日に安い食材を買い込み、毎日レシピを考えながら買出ししている時間を使ってごはんを早めに作った方が自分も楽になるのではないかという結論になり我が家はこのタイプになりました。

我が家のレシピは基本的には妻が決めますが、夫も料理は好きなタイプなので決めてくることもあります。毎日レシピを考えるのが苦になる方もいらっしゃると思います。

私も週の中ごろになると心の中で「あ”~今日のごはんどうしよう」と仕事中に思っていて、それが顔に出ているよ同僚に笑われたことがあります。だけどレシピの悩みから解放されれば後は簡単です。

食材は揃っているのであとは順序を考え処理すればいいだけ!!食材の解凍・切り分け・下処理・調理の順番で終了。

今は作り置きをしている家庭や、下処理は土日にしてしまうなどさまざまな工夫がいろんなメディアなどで紹介されており、我が家も実践するようになりより早く処理ができるようになりました。

買ってきて冷蔵庫にしまう前にお肉を切り分け味付け事にラベリングして冷凍庫へ。このやり方をしてからレシピが思いつかなくてもなんとななる!と気づきました。

共働き世帯の我が家はは料理もお惣菜や外食ばかりで手抜きなのではないのかと思われたりしたこともあります。けれど共働き世帯の食卓の方が充実しているのはないのかなと最近は思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です